ハートの色の意味は日本と海外で違う?白色ハートの意味は?LINEの絵文字に要注意!茶色や青、水色など色別でハートの意味を解説

普段何気なく使ってるハートの絵文字ですが、実はハートの色には意味があります。

白色ハートの意味は、「好きでした」になるんです!

ハートの色の意味を知ることで、相手を傷つけたり誤解されることを防げますよ。

この記事では、

  • ハートの色の意味
  • ハートの色の意味は日本と海外で違う?
  • 異性に送る場合の注意点

などについてまとめています。ちょっとでもあなたの参考になれば嬉しいです。

目次

ハートの色の意味とは?

LINEやメールで使うハートの絵文字には、特別な意味が込められています。

日本では何気なく使ってる方がほとんどですが、海外や外国の友達に使う場合は注意しましょう。変に誤解を招く可能性も。

ハート色意味を色別で紹介しますね。

赤色ハートの意味

赤色のハートは、「愛している」という意味があります。

ハートに使う定番のカラーですが、真実の愛だったり情熱の愛を伝えるのに役立ちますよ。

白色ハートの意味

白ハート意味は、「好きでした」になります。

「です」ではなく「でした」で過去形のため、終わりを表現するのに役立ちますよ。

「今までありがとう」の感謝も含まれています。

ピンク色ハートの意味

ピンクの色は、「かわいい」という意味がありますよ。

赤の強い愛情表現に比べてゆるめで、「恋」を意識する表現になります。

気になる人に可愛いと伝えたり、さりげなくアピールするのに使ってもいいでしょう。

茶色ハートの意味

茶色のハートは、「親友だよ」という意味があります。

茶色そのものには、落ち着きや上品、温和といった印象があるので、一緒にいて落ち着ける相手に使うといいでしょう。

青色ハートの意味

青色のハートは、「恋しい」という意味があります。

恋愛に対しての表現はもちろん、家族や友達に対して「変わらない愛」「信頼」「深い愛情」を伝えるときに使われてますよ。

水色ハートの意味

水色のハートは、「恋人になりたい」「恋しい」という意味があります。

控えめな愛情を表現するのにちょうどよく、相手も受け取りやすいでしょう。

オレンジ色ハートの意味

オレンジ色のハートには、「好きです」という意味があります。

赤色ハートが「LOVE」ならオレンジハートは「LIKE」のほうになるため、恋愛感情がない異性に使うといいですよ。

また友達に「これからも友達でいようね」と伝えるのにも使えますよ♪

黄色ハートの意味

黄色のハートは、「ユニークだね」という意味があるのです。

黄色には明るい、幸せ、希望、ひらめき、金運アップといったポジティブなイメージがあります。

一緒にいて楽しかったり気分が高まる友達に送るといいでしょう。

緑色ハートの意味

緑色のハートは、「面白いね」という意味があります。

黄色ハートと似てるのですが、「新しい出会い」に使われていますよ。

また「うらやましい‥」といった嫉妬を表現することも。

紫色ハートの意味

紫色のハートは、「優しいね」という意味があります。

紫は優雅さや神秘的といった印象があるので、ロマンチックな愛情を相手に伝えるのにいいですよ。

相手に思いやりを示すときや恋人同士で使うのにベスト。

灰色ハートの意味

灰色のハートは、「成功」「ロマンスの到来」といった意味があります。

相手に応援したい気持ちを伝えたり、ワクワクするときに使うのがいいでしょう。

黒色ハートの意味

黒色のハートは、「嫌いです」という意味があります。

友達同士の冗談で送るときもありますが、本気で嫌いなときに使いますよ。

外国の友達に送るときは誤解されないように気を付けましょう。

金色ハートの意味

金色のハートは、「成功」の意味があります。

金色は金運アップや発展など成功を表すので、自分の成功を伝えたり相手の成功を願うのに使うのもアリですね。

しかし、使いすぎちゃうと嫌味に感じるので、控えめに1つだけ送るのがおすすめです。

ハート色の意味は海外と日本で違う?韓国は違う意味になる

アメリカやイギリス、カナダなど外国と日本では、ハートの色の意味に大きな違いはありません。

しかし、ハートの色が「韓国」だと違う意味になります。

通常だと白色は「好きだったよ」黒色は「嫌い」の意味でしたよね。韓国では白色と黒色のハートは以下のような表現になります。

  • 白色
    →空っぽの愛情
  • 黒色
    →たくさんの愛情

黒のハート♥は中が詰まっているので、とっても大切な人には中身の詰まった黒色ハートを送ることで愛情が伝えられますよ。

日本ではハートの色の絵文字を気にしてLINEしてる人は少なく、海外とでは認知度に差異があるようですね。

相手が外国人の場合は、ハートの色の意味合いを知っておくことでより良いコミュニケーションがとれるのではないでしょうか。

ハート色の絵文字を異性に送る場合の注意点!

ハートは色によって意味が違ってきますが、基本的には相手への愛情表現で使われています。

なので文章のアクセントで何気なく使うと、相手によっては誤解を招くこともあるので気をつけてください!

特に赤色やピンクのハートを異性に送ると、好意を持たれてると勘違いする人が多いです。

それが本気なら問題ないのですが、円滑な関係を築くためにもただの知り合いや友達にはハートを送らないのが無難でしょう。

海外で意味が違う絵文字がある

ハート以外にも絵文字ってたくさんありますが、どこの国のスマホ・パソコンから見ても世界共通となっています。

しかし、日本と海外では絵文字の意味が違ってくるものも。絵文字って日本発祥なので、海外の人には通じないものが多いのです。

外国で違う意味のある絵文字を紹介しますね。

汗の絵文字

💦 💧

汗の絵文字は海外だと「水」「雨」にしか見えません。

日本だと「ごめんね」「やばい」「忙しい」なんてときに使いますよね。

私もよく使いますが、外国人には使わないようにしましょう。

手を合わせてる絵文字

🙏

両手を合わせてる絵文字は海外だと、「祈り」「ハイタッチ」と理解されています。

日本では感謝のときやお願いするとき、謝罪のときに使うことがありますよね。

ピエロの絵文字

🤡

外国ではピエロの絵文字は「バカ」「滑稽」などネガティブな意味があります。

相手を馬鹿にするときに使われるので、注意しましょう。

ダッシュの絵文字

💨

海外ではダッシュの絵文字は、「おなら」「喫煙」を意味しますよ。

日本だと急いでるときやヤバいってときに使いますが、外国人に使うと恥ずかしい思いをすることも。

案内してる絵文字

💁

女性が案内してる絵文字は海外だと、髪をかきあげているように見えています。

場合よっては印象が悪くなることもあるので要注意。

寝てる絵文字

😪

寝てる絵文字は海外だと、「泣いてる顔」と認識されています。

外国人にこの絵文字を送ると心配されてしまうかも。

まとめ:ハートの色の意味は日本と海外で違う?白色ハートの意味は?LINEの絵文字に要注意!茶色や青、水色など色別でハートの意味を解説

ハートの色の意味をまとめました。

  • 赤色のハート→愛している
  • 白色のハート→好きでした
  • ピンクの色→かわいい
  • 茶色のハート→親友だよ
  • 青色のハート→恋しい
  • 水色のハート→恋人になりたい、恋しい
  • オレンジ色→好きです
  • 黄色のハート→ユニークだね
  • 緑色のハート→面白いね
  • 紫色のハート→優しいね
  • 灰色のハート→成功、ロマンスの到来
  • 黒色のハート→嫌いです
  • 金色のハート→成功

日本人でハートの色を気にしてる方は少ないですが、外国人にLINEやメールを送る際は気をつけてくださいね。

特に異性だと勘違いさせちゃったり面倒に巻き込まれる可能性も!

ハートの色の意味を覚えるのが大変!って方は、ハートではなくキラキラや音符など他の絵文字で装飾するのがおすすめです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次