家にあるものでOK!ドライフラワー専用スプレーの代用品と使い方を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

ドライフラワーを美しく長持ちさせたいけれど、専用スプレーを手に入れるのが難しい、または別の方法を試してみたいと考えている方へ。

この記事では、ドライフラワー専用スプレーの代用品について、その選び方や使い方、使うべきタイミングまで、わかりやすく解説しています。

ヘアスプレーやスプレーのりなど、身近にあるアイテムでドライフラワーの美しさを保つ方法をご紹介します。

ドライフラワーの魅力を長く楽しむための小技を知りたい方は、ぜひご一読ください。

目次

ドライフラワー専用スプレーの代用品は?

ドライフラワー専用スプレーの代用品は、身近にあるもので代わりに使えるものがあります。

おすすめの代用品を紹介します。

ヘアスプレー

ヘアスプレーは、髪をセットするときに使うスプレーですが、ドライフラワーにも使えます。

これを軽く吹きかけると、ドライフラワーの色を長持ちさせることができます。

特にケープのスーパーハード、無香料タイプがおすすめです。

created by Rinker
ケープ
¥437 (2024/04/16 17:54:30時点 Amazon調べ-詳細)

ドライフラワーの美しさと形状を長期間保ちながら、香りの心配をせずに済むため、多くのシーンでの利用が期待できます。

スプレーのり

手作りの工作などに使うスプレーのりも、ドライフラワーの保護に役立ちます。

このスプレーを使うことで、ドライフラワーが壊れにくくなります。

透明なアクリルスプレー

アクリルスプレーは、絵画や工作品を保護するために使われることが多いです。

このスプレーをドライフラワーに吹きかけることで、ホコリや湿気から保護し、色褪せを防ぐことができます。

透明なものを選ぶと、ドライフラワーの自然な美しさを損なわずに済みます。

植物用保護スプレー

植物や花を害虫や病気から守るためのスプレーも、ドライフラワーに使用することができます。

特に、植物の葉脈を保護し、乾燥を防ぐ効果があるため、ドライフラワーの形状を維持するのに役立ちます。

ドライフラワースプレー代用品の使い方は?

STEP
距離を保つ

スプレーをドライフラワーに直接吹き付ける際は、約20cm〜30cmの距離を保ってください。これは、スプレーの液滴が大きくなりすぎず、均一に行き渡らせるためです。

STEP
軽く吹き付ける

軽く1〜2回吹き付けるのが理想です。多く吹き付け過ぎると、ドライフラワーが濡れすぎてしまい、形が崩れる原因になります。

STEP
乾燥させる

スプレー後は、ドライフラワーを良く乾かしてください。可能であれば、直射日光を避けた風通しの良い場所で乾燥させると良いでしょう。

ドライフラワースプレー代用品を使うタイミングは?

ドライフラワースプレーの代用品を使うベストなタイミングはいつでしょうか?

おすすめの使うタイミングを紹介します。

ドライフラワーを新しく飾り始めた時

新しいドライフラワーを飾る時が、代用品を使い始める最適なタイミングです。

ヘアスプレーや透明なアクリルスプレーを軽く吹きかけることで、ホコリの付着を防ぎ、色あせを遅らせることができます。

季節の変わり目や気温の変動が激しい時

季節の変わり目や気温・湿度が大きく変動する時期は、ドライフラワーにとってストレスの原因となります。

このような時期にスプレーを使用することで、ドライフラワーを環境の変化から守ります。

ドライフラワーが少し傷んできたと感じた時

長く飾っていると、どうしてもドライフラワーは徐々に傷んできます。

色あせや形の崩れが気になり始めたら、再びヘアスプレーやアクリルスプレーでケアをすると良いでしょう。

これにより、見た目を少しでも回復させ、さらに長く楽しむことができます。

ドライフラワーにスプレーを使うメリットデメリット

スプレーを使うことで、ドライフラワーの美しさをさらに長持ちさせることができますが、その使用にはメリットとデメリットがあります。

メリット

色の保持

スプレーを使うと、ドライフラワーの色褪せを防ぎ、鮮やかな色を長期間保つことができます。特にUV保護スプレーは、直射日光による色褪せを防ぐ効果があります。

形状の維持

ヘアスプレーやアクリルスプレーなどは、ドライフラワーの繊細な形状を保護し、壊れにくくします。これにより、取り扱いや飾る際の心配が減ります。

ホコリ防止

スプレーはホコリが付着するのを防ぐ効果もあります。ホコリがつきにくくなることで、清潔に保ちやすくなり、見た目の美しさも維持できます。

デメリット

不適切な使用によるダメージ

スプレーを間違った方法で使用すると、ドライフラワーを傷める原因になります。特に、スプレーの距離が近すぎると、花びらが濡れすぎてしまい、形が崩れることがあります。

選択の難しさ

適切なスプレーを選ぶのが難しい場合があります。ドライフラワーには様々な種類があり、それぞれに合ったスプレーを選ばなければならないため、初心者には特に難しいかもしれません。

コスト

ドライフラワー用のスプレーや、それに代わる特殊なスプレーは、一般のスプレーよりも価格が高い場合があります。このため、コストを考慮する必要があります。

ドライフラワー専用スプレーなら「ネオルシール」がおすすめ!

ネオルシールは、ドライフラワーの色褪せを防ぎ、形状を保持することに特化したスプレーです。

このスプレーの最大の特徴は、独自の保護成分が含まれていること。

この成分がドライフラワーの繊細な花びらをコーティングし、外部からのダメージに強い保護膜を作り出します。

まとめ:家にあるものでOK!ドライフラワー専用スプレーの代用品と使い方を徹底解説

ドライフラワー専用スプレーの代わりに、ヘアスプレー、スプレーのり、透明なアクリルスプレー、植物用保護スプレーなど、手軽に手に入る代用品があります。

これらを適切に使用することで、ドライフラワーを長持ちさせることができます。

使用する際は、ドライフラワーから20cm〜30cm離して軽く吹きかけ、その後はしっかりと乾燥させることが大切です。

これにより、ドライフラワーの色褪せや形の崩れを防ぎ、美しさを長く保つことができますよ。

目次