ちひろさん気持ち悪い?嫌悪感や不快感を感じる人々の実際のレビューや口コミ評判を調査

当ページのリンクには広告が含まれています。

『ちひろさん』

この作品は、作者の安田弘之によって書かれました。

物語は、元風俗嬢のちひろが小さな町の弁当屋で働きながら、周囲の人々との交流や孤独との戦いを描いています。

この文章では、読者の感想や評価を基に、『ちひろさん』について詳しく探ってみます。

作品の特徴や魅力、そして読者が不快に感じる可能性のある要素にも焦点を当てていきます。

created by Rinker
¥726 (2024/04/17 02:20:56時点 Amazon調べ-詳細)
目次

『ちひろさん』の魅力と読者の反応

『ちひろさん』の魅力は、そのシンプルな絵柄にあります。

作者の安田弘之さんは無駄な線を使わず、物語性や心情を表現するのに非常に効果的だと高く評価されています。

また、この漫画は物語性や問題の解決が提示されないため、読者に独自の考察や解釈を許す作品としても高く評価されています。

読者の反応は分かれており、作品に登場するキャラクターの人生の葛藤に共感する人もいれば、作品の陳腐さやキャラクターに対する偏見を感じる人もいます。

漫画には子供たちには不適切な要素もあるようですが、一部の読者はちひろの生き方に共感し、自身の成長に対する考え方を再評価する契機となったと述べています。

『ちひろさん』の口コミ・レビューまとめ

良い口コミ

  • 自己を正直に生きる重要性を感じさせる。心を穏やかにする名作。
  • 物事の本質を問いかける作品で、風俗嬢の視点が興味深い。
  • 人生に疲れた大人に感動をもたらす漫画。感性に共感し、心に残る。
  • 主人公の魅力に分かれた評価。特定のキャラクタータイプに共感する読者も。
  • 心温まる作品で、次回作に期待が寄せられる。
  • 日常と非日常が交差する魅力的な物語。作者の姿勢に好感を持つ読者も。
  • 爽快で安心感のある作品。前作に興味を持つ読者も多い。
  • 主人公の魅力に引き込まれる。大切にしたくなる作品。
  • 深い洞察を持つ作品。人間を理解したい人にオススメ。
  • 多様な要素を持つ素晴らしい物語。深い内容に感心する読者も。
  • 独特の絵柄と感動を引き起こす。没入感ある物語。
  • 風俗嬢のちひろさんの魅力に引かれる。生き方や人間関係に共感する読者も多い。

悪い口コミ

  • 風俗嬢にあこがれる男性視点が陳腐に感じる人も。
  • 主人公の過度な関わり方がモヤモヤ感を引き起こす読者も。
  • 元風俗嬢としてのキャラクターが共感できないと感じる人も。
  • 主人公の性格や心理状態によって評価が分かれる
  • 主人公補正が強すぎてリアルさに違和感を覚える読者も。
  • 作者の作風が特定の男性視点に過ぎないと感じる人も。
  • ちひろさんの無関心や対応に不快感を持つ読者も。
  • ちひろさんのキャラクターが理想化されすぎていると感じる人も。
  • 自己中心的なヒロインや男性ファンタジーとして受け取る人も。

『ちひろさん』は独自の世界観と魅力的な主人公によって、読者を引きつけています。

しかし、作品に対する評価は読者の視点によって大きく分かれており、異なる意見が存在します。作者の描写や登場人物についての感想も、読者個々の解釈や価値観によって異なります。

created by Rinker
¥726 (2024/04/17 02:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

ちひろさん 作品情報

『ちひろさん』は、漫画家の安田弘之によって執筆された作品で、1999年から2001年にかけて連載されました。

この作品は講談社から刊行され、掲載された雑誌は「イブニング」、「モーニング」、そして「モーニングマグナム増刊」です。

【ちひろさん】の物語とキャラクター

漫画『ちひろさん』の物語は、ちひろという元風俗嬢が、小さな弁当屋「のこのこ弁当」で働く姿を描いています。

彼女は容姿が美しく、愛想が良いため商店街の人気者でありながら、孤独を好むため他人と深い関わりを持とうとしません。

しかし、過保護な家族に悩む女子高生のオカジや問題児のまことなど、様々な人々がちひろの周りに集まり始めます。ちひろは店長の妻で盲目の多恵だけに心を開き、多恵を「お母さん」と呼んで慕っています。

この作品は、現実のようなリアルなキャラクターたちの群衆劇として描かれており、作者はストーリーの進行や結末が予め決まっているわけではなく、すべてを「ぶっつけ本番」で描いていると語っています。

映画版『ちひろさん』について

『ちひろさん』は映画化され、監督は今泉力哉さんが務め、脚本は澤井香織さんと今泉力哉さんが手がけました。

この映画の制作はデジタル・フロンティアとアスミック・エースが担当し、配給はアスミック・エースが行い、2023年2月23日に公開されました。映画の上映時間は132分です。

まとめ:ちひろさん気持ち悪い?嫌悪感や不快感を感じる人々の実際のレビューや口コミ評判を調査

『ちひろさん』は、作者の安田弘之によって描かれた漫画で、元風俗嬢のちひろが小さな街の弁当屋で働きながら周囲の人々との交流や孤独との闘いを描いた群衆劇です。

物語はちひろが過去の風俗嬢としての経験を抱えながら弁当屋で働く姿を描き、彼女の孤独と共に周囲の人々との絆が生まれます。

映画版は2023年に公開され、シンプルな絵柄や物語性のない漫画として高く評価されています。

読者の反応は分かれており、一部の人々は共感し心温まる作品として評価する一方で、陳腐さやキャラクターの偏見を感じる人もいます。

良い口コミでは、自己を正直に生きることの重要性を感じる作品であり、物事の本質を問いかける漫画として共感されています。一方で悪い口コミでは、一部の読者は主人公のちひろさんに対する評価が陳腐であると感じているようです。

総じて、「ちひろさん」は心に響く良い作品とされ、読者によって感じ方が異なりますが、深い物語性と感動的なストーリーが魅力とされています。

created by Rinker
¥726 (2024/04/17 02:20:56時点 Amazon調べ-詳細)
目次