blog

HAIR JOURNAL〜これからパーマをする方へ〜

From 〜Belleでパーマをする方へお勧め記事〜


投稿日:2015/1/8
おススメメニュー【パーマ】編
おススメメニュー【パーマ】編
ELLEestBELLEでは2種類のパーマメニューをご用意しております。

【クリープパーマ(水パーマ)7,560円】
ナノスチーマーを使用してやわらかい質感を出すパーマ
※パーマのみの御予約の場合別途にシャンプーブロー代金3240円が掛かります。

【ヒアルロン酸パーマ(低温デジタルパーマ)】
乾かすとよりカールが出る、スタイリングが楽チンなパーマ。
パーマのみの御予約の場合、別途シャンプーブロー代金3240円が掛かります。

この2つ。
2つの違いはと言いますと、
【パーマの持ち】です。

水パーマは、
2~6か月で自然と弱くなっていくのが水パーマの特徴。仕上がりは柔らかく、外国人風な洗いざらし系のスタイルにおススメ。

低温デジタルパーマは、
一度かけた部分はとれないのがデジタルパーマの特徴。
そして当店の低温デジタルパーマは、水パーマより若干2~6か月後のダメージが少ないのも特徴のひとつ。
日本中のデジタルパーマに使えるパーマ液をテストし、厳選した薬剤を使用しております。
アイロンで巻いたようなスタイルにおススメ。

当店のパーマへのこだわりは【柔らかさ】。
質感にこだわりたい、パーマを長持ちさせたい。ダメージレスにかけたい。

そんな方は是非当店のパーママイスターなスタイリストたちにご相談下さい。

投稿日:2015/1/8
【巷で良く聞くデジタルパーマの噂】のウソ・ホント
【巷で良く聞くデジタルパーマの噂】のウソ・ホント
美容師によってデジタルパーマは辞めた方が良いとか、エアウェーブは辞めた方が良いとか普通のパーマじゃかからないとかの情報をお客様から言われる事があります。

実際に先日いらしたお客様で、
担当の美容師さんにデジタルパーマは絶対に辞めておいた方が良い
と言われていたお客様がいました。

それはホントなのかウソなのか、、、。

美容師として提案するメニューが違う事、メニューによって出来る、出来ないの幅が違う事は正直あります。美容室というくくりの中で考えれば美容師の価値は一緒ですが、各サロンでは教育も違えば理論も違う。安価な所もあれば高価な所もある。多種多様に広がった美容室業界は今や全国のコンビニの6倍位の数があります。どちらを選ぶかはお客様が選んだお店次第。

なのでお客様が選んだ美容室の、ヘアスタイルを担当する技術者が、ホントと言ったらホントだと思います。

飲食店という枠で考えるとどうでしょう。
和食・イタリアン・フレンチ・メキシカン・スペイン・焼肉・ファストフード等、
多種多様に展開して、その中から最近はよりDesignされた物やそこでしか味わえないものや空間に外食産業は時代の流れがきている様に感じます。

僕はデジタルパーマ【推奨派】ですが、【ダメージレス専攻派】でもあるので、

半年後にパーマのダメージによってDesignが限られてくる方にはパーマはお断りします。

いくらオシャレな髪型してても、第三者から見たときに髪が傷んで見えたらDesignとしてダメだと思うんですよね。
チリチリなヘアスタイルをみて、個人的に、あっ可愛い。とはこれっぽっちも思いません。
なので個人の経験からの見解は、パーマは時間が経ってもダメージしにくい範囲で種類を選んで最善な技法でかける(あてる)

それが僕の答えでしょうか。


学割はご利用可能。学生証をご呈示して頂くと学割がレジにて引かれます。

カット ヒアルロン酸パーマ JohnMastersOrganics SPA Shampoo   17280円

パーマは低温デジタルパーマ。落ちにくく毎日のスタイリングが楽に。半熟の生っぽいカール感をお求めの方は是非ご相談下さい。


投稿日:2015/1/8
やっぱりイメチェン【バッサリ&パーマ】したい。
やっぱりイメチェン【バッサリ&パーマ】したい。

【切りたい!!】

覚悟決めてくる方、本当に多いです。今年はその中でも・・・
"アゴライン以上リップライン未満”
が一押し。

なんていっても、目の肥えたお客様たちが求めるもので最も多いオーダーが、

【アイロンいらずにお洒落ヘアスタイル】
内側をガッツり短くして、毛先を強制的に丸く削るこのヘアスタイル。

そのなかにワンカールだけの+デザインパーマをもお勧めです。

おしゃれ感をポイントで取り入れたい方。
『前髪・毛先のライン・カラー・質感・シルエット・フォルム』    
これらをポイントで選んで入れる事で、
お洒落過ぎないけれどやっぱりお洒落なスタイル
是非ご提案させてください。

投稿日:2015/1/8
【Europa系外国人風】フレンチボブ
【Europa系外国人風】フレンチボブ
外国人風といえども、ヨーロピアンな外国人風フレンチショートボブがお洒落。
ワンカールをミックスに組み合わせた毛先だけで楽しめるパーマスタイルです。

柔らかくてくせ毛のようなラフなカールの組み合わせで、ドライに仕上げてもよし。
ウェットに仕上げてもシック(洗練された)なお洒落ラインのサイドシルエットが可愛い、
【Europa系外国人風】フレンチボブ

敢えてスタイリングをしないドライ質感でも良し、
または、ツヤ感のでるソフトワックスを毛先中心にふんだんにもみ込めば、
より洗練された質感が完成するフレンチお洒落ボブ。
襟足スッキリなので今の季節、
ハイネック・ボトルネック・タートルネックも首元スッキリで、
Good Coordinate!!!

投稿日:2015/1/8
パーマ迷ってる方へ
パーマ迷ってる方へ

髪を伸ばすべきか、バッサリいくべきか、迷ってる方々が増えてきました。
そんな時はライフスタイルに合わせてデザインを。

昨年は銀座、鎌倉と、美容師さん向けの最旬の薬剤を使った、パーマのセミナーをしてきました。

近年全国規模でサロンでのカラー離れ、パーマ離れを嘆く美容室さんが多いのが現状です。

それは「失敗した事がある」お客様、美容師さんが多いのが理由です。

ただでさえ、美容室でカラーリングをせず、自宅でホームカラーが増えているのが現状なのに、パーマも減ってしまうと、美容室でしか味わえない「技術」「デザイン」がなくなって来てしまう。

それを危惧した薬のメーカーさんに「Belleさんは沢山パーマ剤を使用してるからきっといいデザイン作るんだろう」とご指名を頂き、恐れ多くも、カットパーマを披露してきました。

されどパーマ。

本当に難しいんです。

言っちゃえば髪の毛の整形な訳です。
大手術です。
パーマの失敗は殆どが、
「出来ない髪」「しちゃいけない髪」の判断を見誤る事によるものです。

その判断は一瞬で出来ます。

ナゼか?

もちろん沢山のお客様から学んだ経験です。
視診、問診、触診、
この三つを怠らなければ基本的に失敗はしません。

僕のお客様で多いのは、(思い当たる方も多い筈笑)
「スタイリングを全くしたくない人。」

そんな人にはパーマがオススメです。
毎日が楽にならなきゃかけた意味が無いでしょ。
ってのが持論です。

しかし条件もあります。
代表的なのが、
○カラーが明るすぎる人 (傷んで見える為)
◯ブリーチの人(デザインが自宅再現出来い為)
○伸ばし中の人(途中で傷んで切りたくなる為)
○他店でパーマを二回以上している人(薬剤によるダメージの仕方が読めない為)

上記の条件に当てはまらない方で、僕の作ったヘアスタイルにピンときた方は是非お待ちしております。
今までに感じた事がない柔らかさのあるパーマスタイルを、ご提案させて頂きます。

  • 投稿日:2015/1/8
パーマへのこだわり
パーマへのこだわり

本日は瀧野と一緒に美容師に向けてのカットデジタルパーマのセミナーに行ってきました。
僕達がお客様にサロンワークで作るこだわりの柔らかい質感に、パーマ液のメーカーと、
以前セミナーを受けて頂いた美容室から直々にお声掛け頂き行ってきました。

カウンセリングからのコンサルティングが一番大事.
お客様のパーマへの不安を取り除き、ワクワク期待しちゃう所までしっかりとイメージを共有して、
パーマかけたら家でスタイリングが楽チンになる.ってのが僕のパーマ理論です。
今日のデザインは比留川游さんのようなラフで重ためな再現性抜群の無造作パーマ。

勿論カットがキマるとパーマもキマる。
カットはパーマ攻略の上で大事な要素です。
ヘアデザインの輪郭を作り、パーマをかける事によって何処がどう動くのかを逆算してのカットラインを作って行くわけです。
毛先を重く重く・・・ってのが一番のポイントです。皆真剣に聞いて頂けて光栄です。


得意分野はうねりくせ毛をサラツヤ質感にチェンジししながらのお悩み解消半熟パーマ、
所要時間はカットデジパーで二時間。時間をかけずにパーマはかかる。
時間が掛かって疲れちゃうのがサロンワークでお客様が気になるポイント。
そこはカラーと同じ時間で毎日を楽チンにするのが最上級のサービスです。そこを解消するのは圧倒的な経験値ですが、
そこを一気にハショれるセミナーになったはず。
髪の毛はタンパク質。卵と一緒で「半熟」で「ちょい生」がオシャレ。


職人のこだわりを感じるBelleの柔らかい半熟デジタルパーマを全国に広め、日本の女性からパーマへのトラウマをなくす。
お客様も美容師も、パーマに失敗した経験の方が多いのが現状です。
2014年、薬剤は進化に進化を遂げて、よりお客様の理想のデザインに合わせられる時代になってきました。
そう、日本人はやはりこだわりを感じるデザインが大好きなんです。
薬剤も、道具も、カットも、プロセスも、空間も、スタイリング剤も、シャンプーも。
そんな「こだわる姿勢」を一番伝えてきたつもりです。
" width="800">
2015. 01 .23